海外医薬品に関する法律のご説明

海外医薬品の購入の現状
近年以来、科学技術の発展に従って海外医薬品を購入する人が多くなっています。それは海外医薬品の購入がいろいろなメリットがあるからです。一番のメリットは安価です。日本国内で販売されている医薬品と比べて、インターネットで海外医薬品を購入する場合、先発医薬品と同じな成分を含んでいるジェネリック医薬品が多いですが、それで、もっと安い価格で手に入れることができます。それでは、海外医薬品の購入は違法なのか?法律面にどんな制限がありますか?ここで海外医薬品に関する法律を説明させていただきます。

薬事法とは
医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を営業のために輸入するには、薬事法の規定により、厚生労働大臣の承認・許可等が必要です。薬事法は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止のために必要な規制を行うとともに、指定薬物の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品、医療機器及び再生医療等製品の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的とする。

個人輸入の場合
一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合には、原則として、地方厚生局に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、特例として、自分のために使うだけの少量であれば、税関確認だけでOKとなります。

日本の法律である薬機法では、医薬品ではないものを医薬部外品として扱っています。医薬部外品としては、例えば養毛剤やドリンク剤などが含まれます。また医薬品的成分が配合されているサプリメントなどもありますね。このサプリメントや医薬部外品に関しても、場合によっては医薬品と見なされることがあるので注意しなくてはいけません。