海外医薬品の購入方法まとめ

海外医薬品の個人輸入・代行・販売って違法?薬機法(旧薬事法)の規制まとめ
海外医薬品の購入方法は?その特徴は?

海外医薬品の購入方法には3パターンあります。

一つ目が「海外に行く場合に持参したい薬」、二つ目が「医療機関での入手」です。三つ目は「個人輸入代行」です。これらにメリット・デメリットがあるので、内容を理解して自分に適した方を選びましょう。

一:海外に行く場合に持参したい薬
日本では使える薬でも、海外では禁止薬物に指定されていることがあります。また、禁止薬物ではなくとも「治療のために持っている」ということを証明できなければ、手続きに時間がかかったり、薬を没収されたりと、入国時に余計なトラブルに巻き込まれる可能性があります。こうした入国時の不要なトラブルを避けるために、主治医に英文の「薬剤証明書」を書いてもらい、持参することを強くお勧めします。また、海外での一般薬購時商品名が違います、日本で認められていない成分が含有されている場合があります。

二:医療機関での入手
医療機関での入手という購入方法は、医師の診察を受けて処方してもらう方法です。メリットとしては、安全な購入方法として利用できるということでしょう。正規品の入手が可能で、服薬指導もしてもらえるので摂取に関する危険を回避できます。
また、普通の病院が恥ずかしいという場合はメンズクリニックもあります。本来、海外医薬品は医師の処方のもとで購入するものですので、購入方法としてはこちらが正規ルートとなるでしょう。対するデメリットは、価格の高さです。医師法では診察を前提として医師が薬剤の必要を認めた場合に処方せん交付を義務とすると定めていますが、医療用医薬品のうち、処方箋医薬品のみが医師による処方箋が必須になります。処方箋医薬品は、効き目の強いものや、使い方によっては副作用の危険性があるため対面販売が必要とされています。

三:個人輸入代行
以前は海外旅行に出かけたついでに買物をするのが一般的でしたが、最近ではインターネットの普及によって自宅に居ながらにして海外から買い付けることができるようになったため、現在では個人輸入というとネットを利用したものを指すのが一般的になっています。輸入通販での入手は、専門業者を通して個人輸入するという購入方法です。個人輸入には、インターネットで購入したり、海外旅行に行った際に現地で購入して持ち帰ったりするケースがありますよね。どの場合でも個人輸入は、「自分自身で使用する場合のみ認められる」というルールがありますので、自分のために使うだけであれば、合法です。医薬品を格安の価格で購入できるのも個人輸入の魅力です。海外の医薬品の価格が安いのはジェネリックが普及しているからです。

海外から購入できる薬一覧

シアリスの製造元はイーライリリー・アンド・カンパニー製薬会社です。シアリスの成分によって、昔のバイアグラとレビトラより長効果持続時間が特徴であります。